辻井木材

京都府産木材利用への取り組み

kyotofusan_01

京都産の木で建てる安心の住まい

地球環境をも視野に入れた家づくり。建物だけでなくまわりの環境にも配慮しなければ、本当の意味での「いい住まい」は手に入らないかもしれません。

「地球環境」と「住環境」。
これからの住文化を築く上でのキーワードになるのではないでしょうか?

京都府産木材認証制度
(愛称:ウッドマイレージCO2認証制度)

京都府内で伐採、生産、加工された木材の産地証明に加えて、輸送時に排出される二酸化炭素量を数値で示すことで、地域の木材を利用することにより地球温暖化防止対策を進める制度です。制度自体を京都府が統括し、管理、認証発行を第三者機関のNPOが担っております。新築、増改築に京都府産材を使用すれば最大40万円の緑の交付金が受けられる制度です。

京都府産木材認証制度 詳細はこちら

京都府内産杉集成材「ひなた」

京都府産杉集成柱「ひなた」は、京都の木材を原材料とする、京都初の住宅構造用の集成材。
建材として求められる規格と高い精度と、自然環境の保護と発展を実証した確かなECO製品です。

京都府内産杉集成材 ひなた 詳細はこちら

木材・建材の流通に携わり、豊かで快適な住環境を提案いたします

Scroll Up